アサヒビール 株式会社 | 新潟支社 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > アサヒビール 株式会社 新潟支社

飲み方の多様性を尊重する新商品を開発

支社長
荻野 庸省

「スマートドリンキング」を提唱されています。

 世界的に「適正飲酒」が求められる時代です。アサヒビールは、「責任ある飲酒」を推進し、飲む人も、飲まない人も、お互いが尊重し合える社会の実現を目指すため、「スマートドリンキング(飲み方の多様性)」を提唱しています。今年3月から順次、国内で販売する主なアルコール商品に含まれる純アルコール量をホームページに掲載するとともに、ビール類、チューハイなどのRTD(レディー・トゥー・ドリンク)、ノンアルコールの販売容量合計に占めるアルコール度数3.5%以下のアルコール商品およびノンアルコール商品の販売容量構成比を、2025年までに2割とすることを目指しています。
 3月には「スマートドリンキング」を具現化する商品としてアルコール度数0.5%の「微アルコール」商品である「ビアリー」を新発売。ビール醸造後にアルコール成分を抜く「脱アルコール」製法で、麦のうまみ、香り、コクがあります。業務用にも連動して展開し、スマートドリンキングの浸透を図っています。「ビアリー」を通じて、お客さまがそれぞれ自分のペースで心地よい時間を楽しめる選択肢を提案します。

ふたを全開すると自然に泡が発生する「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」は画期的な商品ですね。

 缶体内側をクレーター状の凹凸にして、きめ細かいクリーミーな泡を実現しました。缶から直接飲んでも口が切れないよう、飲料缶では初の安全設計「ダブルセーフティー構造」を採用。お店の生ビールに近いものがご家庭でも味わえると大好評で、先行発売したコンビニエンスストアでは、一時出荷を停止することとなり、お客さまやお得意先さまには、多大なご迷惑をお掛けしており、深くお詫び申し上げます。

本年度のトピックは。

 新潟県内では、8月に「アサヒスーパードライ『長岡花火ラベル』」のデザイン缶を発売予定です。業務用部門では、お店でお客さまにおいしい生ビールを飲んでいただくため、お店の方に注ぎ方などの啓蒙活動を続けます。生ビールがおいしいことがリピーターになるきっかけというアンケート結果が出ています。少しでも飲食店の応援をしていきたいです。

ご自身の人生の転機は。

 02年に当社に中途入社したことと、5年前に急性腹膜炎で死にかけたことです。人生観が変わりました。「周りに生かされている」と実感し、周囲の人への感謝の気持ちを覚えました。

Overview [概要]

東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルビール
◼所在地 〒950-0088 新潟市中央区万代4-4-27 NBF新潟テレコムビル3F
TEL.025-246-2381 FAX.025-241-1199
本社 〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
◼事業内容 酒類の製造と販売事業
◼資本金 200億円
◼ホームページ https://www.asahibeer.co.jp/