ミサワホーム北越 株式会社 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > ミサワホーム北越 株式会社

追い風に乗って事業成長「新しい成長」を目指す

代表取締役社長
南谷 和秀

今年のスローガンは。

 「新しい成長」です。新中期3カ年計画が昨年スタートしましたが、新型ウイルスの感染拡大で住宅市場も大きな影響を受けました。ただ悪い面ばかりではありません。展示場やセミナー、イベントなどに人を集めることはできなくても、ウェブを介したお問い合わせ、オーナーさまからのご紹介が急増。お客さまとはリモート商談を行い、大きな成果を得ました。技術面では基礎構造体の検査もリモートで行うなど、新しい様式が生まれています。
 コアである住宅事業の成長だけではなく、伸びが顕著なリフォーム事業、資産活用事業を拡充し「新しい成長」を目指していきます。

事業の展望をお話しください。

 在宅勤務が定着し、また休校もあったことで、巣ごもりによるリフォーム需要が顕著でした。「いつかはリフォームしたい」という思いを、新型ウイルスが後押しした形でしょうか。「住まいの環境を変えたい」と願う人が31%に上り、課題も浮かび上がりました。仕事に適した部屋がない、周囲の音に左右されない場所が欲しいなど、在宅勤務の困りごとに対応して、テレワークスペースのご提案をしています。また、新型ウイルス禍で場所にとらわれない働き方ができるようになり、地方移住の希望が増えています。新潟への移住を考える方の住居の建設やリフォームもサポートします。
 非住宅では新型ウイルス後を見据えたホテルや旅館のリノベーション、耐震性や耐用年数を大幅に向上させ新築同等によみがえらせるリファイニング、バリアフリー工事、耐震工事が増えています。今後は1棟丸ごとのマンションリフォームなど大きな改修の受注を目指したいですね。空き家を改修した資産活用として、事務所、倉庫、医療介護保育施設などの拡充にも注力していきます。
 国はグリーン住宅ポイントや住ま い給付金延長、事業者向けにも事業再構築に向けた支援を打ち出しています。こうした制度をご説明しながら、伸びしろのある市場を積極的に開拓していきます。

ご自身の人生の転機は。

 ミサワホームの執行役員を退任し新潟に来たことでしょうか。縁のない新潟での暮らしに多少の不安はありました。しかし社長になると立場、立ち位置が変わり、そして考え方も大きく変わります。社員、その家族、業者さんら大勢の人の生活が両肩に掛かるプレッシャーと共に強い責任感を日々、実感しています。

Overview [概要]

“ニューノーマル”の暮らしを楽しめる住まい『 PRIME SMART 』
◼所在地 〒951-8533 新潟市中央区関新2丁目1番53号
TEL.025-232-3330 FAX.025-232-3370
◼設立 1982年5月10日
◼事業内容 住宅の建築工事、リフォーム工事の請負ならびに設計監理 店舗、ビル、倉庫等の建築工事請負ならびに設計監理 住宅の分譲販売ならびに不動産の売買、交換、賃貸、仲介および管理 住宅関連設備機器販売など
◼資本金 1億円
◼売上高 125億円(2020年度)
◼社員数 243人(2021年1月1日現在)
◼ホームページ https://hokuetsu.misawa.co.jp/