一般財団法人 | 健康医学予防協会 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 一般財団法人 健康医学予防協会

安心と信頼の健診業務で豊かな社会づくりに貢献

理事長
入澤 憲二

この春、貴会グループの新潟縣健康管理協会の「健康会館」をリニューアルされました。

 1976年から広く利用していただいた新潟市中央区の「健康会館」を改修。女性フロアを完備して安心・リラックスして受診いただけます。3Dマンモグラフィ装置、3次元眼底検査など最新鋭の検査機器をそろえ、時間帯予約制でスムーズな健診ができます。人間ドックの待ち時間にご利用いただけるカフェテリアも新設。明るく快適な空間で健康と向き合っていただければと思います。

来年7月にオープン予定の「西新潟健診プラザ(仮称)」の特徴は。

 新潟健診プラザ、東新潟健診プラザはおかげさまで多くの方にご利用いただいています。西エリアにもセンターをというお声が多かったことから、この4月に着工したところです。新潟市西区、西蒲区、燕市、三条市などの皆さまにぜひご利用いただければと思います。こちらも入館から男女別の動線とし、より受診しやすく快適な空間になる予定です。
 新潟健診プラザ同様、いずれの拠点でも最新の機器を積極的に導入しております。昨年5月に導入した80列マルチスライスCTは、医師からも「精度が高い」と評価されています。

健診を控えている方が増えているようですね。

 新型ウイルスの影響で受診を控える方が多かったのは昨年3月からの数カ月。その反動か、9月以降は各拠点とも大勢のお客さまが受診され、年が明けた今も同様の状況が続いています。私どもの施設は治療を目的とした医療機関ではありません。安心して受診していただくため新型ウイルス感染対策を徹底的に行い、感染しない・感染させない空間づくりを心がけています。

挫折や困難を乗り越えたエピソードをお聞かせください。

 当協会の所属する日健協グループは、2019年に日本健診財団、新潟縣健康管理協会をグループに加え、新潟、山形、栃木、群馬、東京、長野にネットワークが広がりました。現在はスタッフ1,500人を抱えるグループですが、出発は厳しかったですね。新潟で事業を興そうと動き出しましたが、法人格取得の許可がなかなか下りない。その後銀行の融資などでも苦労しましたが、根気強く交渉し乗り越えてきました。
 健康診断業務を通じて皆さまの健康を守り、豊かな社会をつくりたい。創業の思いや理念を忘れないように進んでいこうと思います。

Overview [概要]

西新潟健診プラザ(仮称)完成イメージ
◼所在地 〒950-0914 新潟市中央区紫竹山2丁目6番10号
TEL.025-245-1111 FAX.025-245-1155
◼設立 1984年3月28日
◼事業内容 健康診断(一般健康診断、生活習慣病健診、特殊健康診断、特定健康診査、特定保健指導、巡回健診、産業医派遣)、人間ドック、脳ドック
◼売上高 52億5,000万円(2020年度見込み)
グループ総売上197億円(2020年度見込み)
◼純資産 55億円(見込み)
◼職員数 450人
◼施設 本部・新潟健診プラザ・東新潟健診プラザ、長岡健康管理センター、下越巡回健診センター
◼ホームページ https://www.kenko-i.jp/