三幸製菓 株式会社 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 三幸製菓 株式会社

時代に必要な要素を取り入れた斬新な商品を

代表取締役 CEO
佐藤 元保

今年の秋に新工場が完成予定ですね。

 工場名はロングセラー商品「ぱりんこ」にちなみ「ぱりんぴあ」。当社最大級の規模で、初めて見学通路を設けました。小学生を中心に社会科見学で訪れてもらい、米菓に親しみ、将来も食べ続けてほしいですね。
 私は工場の現場にも行くため、仕事中は作業服。工場の従業員にその場で質問されたことには真っ正直に答えます。今後の方針や会社の考え方など、トップが直接話すと納得してくれます。

手が汚れない、小さいサイズなどの商品も続々発売されています。

 トップ就任後、常に言っていますが、商品には今の時代に必要な要素を取り入れなくてはなりません。
 おせんべいのカテゴリーで、今までなかった商品の開発も進めています。リーディングカンパニーになるには、斬新な商品で新しいお客さまを取り込み、市場の拡大と活性化の実現が必須です。みなさんに驚かれるような新商品を年内には形にする予定ですのでご期待ください。

米菓では珍しい青春アニメCMが人気です。

 発案は私です。10代、20代に「刺さる」ことを目的にしました。あえて王道の少女漫画風にしたところ、大きな反響がありました。「新しもの好き」なので商品もCMも、従来の殻を打ち破り、衝撃を与えるものを作りたいんです。

社長就任後の改革は。

 将来的なジョブ型雇用への移行を見据え、人事制度を約20年ぶりに大きく変えました。働き方改革の「同一労働同一賃金」を目指します。昨年、過去最大級の100人を超える増員を行いましたが、人材の定着率も確実に上がってきております。
 今後はブランド強化と、働いていて楽しい会社にすることが目標です。社員のジョブローテーション制度も考えています。今年4月に、新潟駅万代口前にてグループ会社が運営するスペースで、スパイスカレーのカフェをオープンします。ビジネスアイデアを社内公募して決まりました。新潟出身のスパイス料理研究家・一条もんこさん監修のメニューも提供します。他にも所有する新潟駅周辺の物件を活用し、地域の活性化に貢献したいですね。

困難を乗り越える秘訣は何でしょう。

 基本的に楽天家。困難と思わず挑戦する機会と捉え、いつも楽しく取り組んでまいりました。どんなことも自分の心次第です。

Overview [概要]

◼所在地 〒950-3134 新潟市北区新崎1-13-34
TEL.025-259-2139 FAX.025-255-7711
◼創業 1962年
◼事業内容 菓子の製造販売
◼資本金 9,000万円
◼売上高 559億円(2020年9月期)
◼従業員数 1,400人
◼生産拠点 新潟県内に3工場、全国7営業部、15営業所
◼グループ会社 ㈱みゆき堂本舗、HAPPYCUBE㈱ 他
◼ホームページ https://www.sanko-seika.co.jp/