新潟トヨタグループ - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 新潟トヨタグループ

脱炭素社会を見据えたディーラー再編を視野に

代表取締役会長
等々力 好泰

新型ウイルスの影響はありましたか。

 緊急事態宣言の発出など初めての経験が続き、正直なところ呆然としていました。積極的な営業活動ができない上にメーカー生産ラインの停止により供給が停滞し、特に上半期は新車販売で大打撃を受けました。下期は一昨年10月の消費税増税の反動増などで持ち直しつつあります。
 そんな中、新型ウイルス感染者の搬送にと、小型ミニバンを新潟県に無償貸与させていただきました。車内の感染を防ぐ仕切りやエアコンに工夫を凝らした特別な仕様です。お役立ていただければと思います。
 その他にも高齢者向けの交通安全教室や先進安全装置の体験会などを通じ、地域の皆さまに寄り添う活動に取り組みました。非接触型商談やリモートによるお見積もりなど、デジタル活用も増えましたね。

2021年のトピックは。

 今後も新型ウイルス対策として、店舗での感染防止対策を徹底するとともに、お客さまのご要望に応じて新しい提案手法に取り組みます。また、地域課題の改善に資する活動を含め、地域の健全な発展に貢献していきたいと考えています。
 昨年5月に全店舗全車種取り扱いがスタートしてから丸1年が過ぎようとしています。当初は価格競争の激化が懸念されましたが、全体として併売のメリットが目立つ立ち上がりとなりました。一方で最新のニューモデルに人気が集中し、納車までの長期化が深刻になっています。メーカーへの働きかけとともに、お客さまへの適切な情報発信に努めます。
 国の「カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の宣言を受け、今後ますます電気自動車(EV)、水素自動車を含めた脱炭素シフトが活発化するでしょう。充電インフラや利便性を考慮した店舗網の再編成を進め、お客さまに選ばれ続けるインフラを再構築します。

ご自身の人生の転機は?

 1997年のアジア通貨危機の際、中国進出のパートナーであったインドネシアの財閥A社も多くのインドネシア企業と同様に信用不安に陥り、私たちの中国事業から手を引くことになりました。資金不足や他の投資案件も控えることから、一緒に辞めるか続けるかの選択を迫られましたが、継続の望みをかけ香港のある銀行に融資を求めたところ、新潟での事業が評価され融資を受けることができました。中国の成長期に乗り、半年で初期投資を回収しその後も順調です。信用は大事だと痛感しました。

Overview [概要]

   グループ本社 外観
◼所在地 〒950-0088 新潟市中央区万代2丁目1番1号 COZMIX 10F
(グループ本社) TEL.025-245-0101 FAX.025-242-3524
◼事業内容 自動車販売、修理業
◼グループ会社 新潟トヨタ自動車 株式会社 設立1942年11月
https://www.niigata-toyota.co.jp/
新潟トヨペット 株式会社 設立1956年5月
https://niigata.toyopet-dealer.jp/
トヨタカローラ新潟 株式会社 設立1962年2月
https://toyotacorolla-niigata.jp/
トヨタカローラ北越 株式会社 設立1966年9月
https://corolla-hokuetsu.corolla-dealer.jp/
ネッツトヨタ新潟 株式会社 設立1969年11月
https://www.netz-niigata.jp/