新潟県信用保証協会 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 新潟県信用保証協会

三つの機能で県内の中小企業をリスクから守る

会長
坂井 康一

新型ウイルス対応についてお話しください。

 昨年5月1日から取り扱いが開始となった実質無利子融資である「新潟県セーフティネット資金(経営支援枠)」を中心に、相談や申込が殺到しました。移転で広くなった新本店事務所ですら足の踏み場もないほどになりましたが、部門を超えて職員に保証業務に集中してもらい、休日出勤も重ねるなど、組織の総力を挙げた対応を図りました。
 承諾実績は過去の金融システム不安やリーマンショック、さらには地震等の自然災害時を超える状況となっており、一時ほどではないにせよ、今も多数のご相談をいただいております。
 これほどの危機的状況は、誰も想像していなかったと思いますが、信用保証協会は、このような時の中小企業金融の下支えが最も重要な使命であり、その役割を果たすことができたと考えています。

支援を受けた企業は一息つけますね。

 地域に根差す公的機関として、信用保証により中小企業の資金繰りにおける「セーフティネット機能」を確実に果たすことはとても大切です。一方で、過去の経験を踏まえると「保証承諾の山の次には代位弁済の山が来る」つまり、企業の倒産・廃業が増加する可能性がありますので、注視していかなければなりません。
 今のところ、倒産件数は新型ウイルス禍前とそれほど変わりありませんが、かねてから後継者不足による倒産・廃業が見られる中、今般の危機をきっかけに事業継続のマインドが下がってしまう企業の増加が危惧されます。このため、資金繰りがひと段落ついているうちに、経営改善などを後押しする「スプリングボード機能」を適切に発揮していくことが重要となってきています。
 さらにもう一つの役割が「コーディネート機能」です。私たちは、金融機関や関係機関と連携しながら支援を行いますが、それぞれの視点を生かしつつ、大局的な見地からのスキームづくりのお手伝いを行っていきます。
 この三つの機能で、当県の課題である創業や事業承継も含め、中小企業の皆さまを力強くサポートしていきたいと考えています。

ご自身の人生の転機は?

 いくつもありますが、ビートルズとの出会いもその一つ。衝撃のドキュメンタリー映画「レット・イット・ビー」から半世紀を経て公開される「ゲット・バック」が楽しみです。

Overview [概要]

本店事務所 古町ルフル
◼所在地 〒951-8640 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル7・8階)
TEL.025-210-5131 FAX.025-210-5160
◼設立 1949年
◼事業内容 中小企業者の事業資金に係る債務保証
◼保証債務残高 6,617億8,276万円(2021年3月31日現在)
◼職員数 118人(2021年4月1日現在)
◼支店 長岡支店、県央支店、上越支店、佐渡支店
◼ホームページ http://www.niigata-cgc.or.jp