日本歯科大学 | 新潟生命歯学部 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 日本歯科大学 新潟生命歯学部

「歯の仕事」のやりがいを若い世代に伝える

歯学部長
中原 賢

約30年前から訪問歯科診療に力を入れています。

 本学には国内唯一の訪問歯科診療科があり、学生が実際の訪問歯科診療に同行して学ぶ環境が整っています。この先も続く少子高齢化時代には絶対に訪問歯科診療が必要です。2016年に厚生労働省から認可が下り、訪問歯科診療のみを行う歯科医院の開業が可能になりました。それを受けて18年、本学は三条市に「在宅ケア新潟クリニック」を開院しています。本学附属病院には東京・小金井市に国内唯一の口腔リハビリテーション専門医院「多摩クリニック」もあり、小児から高齢者までの「かむ」「のむ」ためのトレーニングを行っていますが、新潟の訪問歯科口腔ケア科では、別の角度で「食べる」機能にアプローチし、学生教育にも生かしております。

女性歯科医師育成にも積極的です。

 女性は出産や育児などでキャリアを中断せざるを得ないことがありますが、訪問歯科診療なら時間をやりくりしてパートタイムで働けます。本学は「大学別・女性社長輩出ランキング2020」で10位と、卒業生に歯科医院の女性院長が多い、女性が活躍している大学の一つです。そういったこともあり、本学では女子学生のために、来年度以降新しい女子寮の建設も検討しています。学生の約8割が県外出身者なので、全国の高校生に新潟の魅力を発信する仕掛けも考え、形にしていきたいですね。
 また、むし歯の治療経験がほとんどないまま育った世代に、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の「歯の仕事」を認知してもらう取り組みに注力しています。「一生涯、口から食べる」ことのケアを続けられるのは歯の仕事の大きなやりがいです。

ご自身の人生の転機は。

 スイスのベルン大学に留学して3カ月くらいたった頃、スキー事故で救急搬送された年配の日本人ご夫婦の通訳をしました。最初、忙しそうなドクターたちに圧倒され、重症のご主人の希望を伝えるのをためらっていました。それまでは意見せず、教授から言われたことを黙々とやるのが美徳、という日本人的な考え方でしたから。しかし、ご夫婦と病院内で過ごすうち「自分が通訳しないと、この患者さんは日本に帰れない」と思った瞬間に覚悟が決まり、能動的に動けるようになりました。これを転機に自分の思考法を変えることができ、留学生活も充実したものになりました。今もその時の気持ちを忘れずに、強い信念を持って行動しているつもりです。

Overview [概要]

訪問歯科診療
◼所在地 新潟キャンパス
〒951-8580 新潟市中央区浜浦町1丁目8番地
TEL.025-267-1500 FAX.025-267-1134
◼開学 1972年4月(新潟歯学部)
◼新潟キャンパス 新潟生命歯学部(新潟病院、医科病院、図書館、先端研究センター、医の博物館)、新潟生命歯学研究科、新潟短期大学(歯科衛生学科)
◼東京キャンパス 生命歯学部(附属病院、図書館、共同利用研究センター)、生命歯学研究科、東京短期大学
◼学生総数 約2,000人※新潟・東京合計
◼専任教職員数 約1,000人 ※新潟・東京合計
◼卒業生総数 約21,500人 (短期大学除く)
◼ホームページ https://www.ngt.ndu.ac.jp(新潟)
http://www.ndu.ac.jp(東京)