日生不動産グループ - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 日生不動産グループ

不動産関連のニーズにワンストップで応える

代表取締役
内藤 博

今年度のトピックは。

 JR新潟駅前の東大通1丁目に9階のオフィスビルを建設します。今年6月に着工し、2022年秋に完成予定。入居するテナントが打ち合わせにも使えるよう、エントランスを広く、スタイリッシュにしました。また安価で提供する打ち合わせブースや懇談スペースなども計画中です。
 新潟市中央区川端町の信濃川沿いの分譲マンション、古町の「北光社」ビルを隣接した建物と共に建て替え、再開発した賃貸マンションも建設中です。郊外で子育てを終えた夫婦など、都市中心部の利便性の良い場所に住みたいという需要は今後ますます増えてきます。時代のニーズにしっかり応えていきます。

不動産事業を幅広く手掛けます。

 当社は土地や建物の売買と仲介だけでなく、自社保有資産会社や、自社ビル以外の賃貸管理業、ビルメンテナンスのBM事業、オフィスビルや商業ビルのテナント誘致などをお手伝いするPM事業、ショッピングセンターなどを開発するアセットマネジメントも展開する不動産事業のグループ企業です。不動産に関してワンストップでサポートできます。
 また、上場企業ではありませんが監査法人を入れ、監査報告書を出してもらい、金融機関を含めて年1回決算説明会をしています。企業の「透明性」の確保が、不動産業全般へのイメージアップと信頼につながると考えています。

働き方改革も推進していますね。

 当社は残業を積極的には勧めず、歩合制も導入していません。稼ぐための無理な営業や、強引なやり方をすれば会社の信用がなくなります。開発事業だけでなく、賃貸などストックビジネスを強化してきた結果、毎期安定した収益を上げています。会社の「健康体」を保つこのベースがあるからこそ、全社員で出す成果で会社を維持することが可能になります。
 また現在、就職を考える若い世代は企業の福利厚生を重視する傾向にあります。社員が働きやすく、やる気を持って仕事ができる環境づくりは採用面でも大切です。

ご自身の人生の転機は。

 21年前、新潟市中央区の関屋地区に「関屋ショッピングセンター」を当社として初めて開発。衣食住に必要な物がそろう場所にしようと考えて店舗を誘致し、並行して周辺に4棟のマンションを建設しました。最初の「まちづくり」であり、その後、県内のショッピングセンターを開発していく出発点になりました。

Overview [概要]

本社外観
◼所在地 〒950-0973 新潟市中央区上近江4丁目1番3号
TEL.025-285-1010 FAX.025-285-1012
◼設立 1992(平成4)年6月19日
◼事業内容 賃貸事業、PM・BM事業、自社保有資産運用事業、不動産仲介・買取事業、宅地分譲、マンション開発・分譲、投資・資産運用事業、日生ゴルフガーデン運営
◼資本金 2億8,000万円(5社合計)
◼売上高 135億円(5社合計)
◼従業員数 82人
◼グループ会社 日生ホールディングス㈱、日生不動産㈱、日生不動産販売㈱、
日生アセットマネジメント㈱、日生賃貸保証㈱
◼ホームページ https://www.nissay-re.net