株式会社 シンセン | ホールディングス - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 株式会社 シンセン ホールディングス

どんな状況下にあってもチャンスの芽を探したい

代表取締役社長
佐野 由香利

代表取締役に就いて丸2年。昨年はいかがでしたか。

 新型ウイルスで最初の感染者が出た数日後からイベントの延期、中止、キャンセルの電話が鳴り止まず、休業態勢に入らざるを得ませんでした。今まで忙しすぎるほどだったのに、あっという間にこんなことになるんだという思いでした。そもそも「にぎわいの空間を創造する」のが私たちの仕事。イベントに大勢の人を集めてスムーズにやり切るのが強みです。それなのに人を集めてはいけない時代になってしまった。創業以来の価値観が大きく変わりました。
 学術会議の運営を行うグループ会社のシンセンメディカルコミュニケーションズでは、昨年4月に朱鷺メッセで開催するはずだった学会をオンラインに切り替え。そこから少しずつ知識や経験を積み重ねました。

そんな中でもリアル会場でのイベントを企画運営されました。

 感染症対策を徹底した上で、8月に新潟市産業振興センターで「リフォームフェア」を、11月には朱鷺メッセで「フードメッセinにいがた」のお手伝いをいたしました。こういう状況の中、あえてイベント会場に足を運ぶのは目的意識がある方々。感染症対策にもご協力いただきました。1人の感染者も出ず、出展者からは好評価をいただきました。
 オンライン会議はすっかり日常になりましたね。ネットワークを介してでも対面でやりたいのはなぜだろうとずっと考えてきました。私自身は家に長く引きこもっていても平気な人間ですが、誰かと出会いたい、関わりたい、コミュニケーションを取りたいというのは人間の本能。こうした根本的な欲求があるうちは大丈夫と思うようになりました。
 その意味で、社長としての覚悟ができたのは、新型ウイルス禍の今なのでしょう。創業者である会長すら経験したことのない事態の中で、自分でやらなければという強い気持ちになっています。

住宅系のグループ会社の状況は。

 テレワークが続き、在宅の時間が長くなったことで、住まいへの関心が高まっています。シンセンリフォームでは、水回りの改修やホームエレベーター設置の提案を行っています。また長岡市の井浦建設では1台のエアコンで全館空調する「マッハシステム」の家が好調です。モデルハウスを体感しましたが、本当に気持ちのいい空間。これから家づくりをお考えの方には、快適で省エネ、とても静かな「マッハシステム」の家をお薦めしたいですね。

Overview [概要]

「我々の使命は、お客様に感動と喜びをお届けすること。」
◼所在地 〒950-0983 新潟市中央区神道寺2-3-23
TEL.025-243-6827 FAX.025-241-0768
◼設立 2015年3月3日
◼事業内容 見本市・展示会設計施工、各種イベントの企画運営、学会PCO業務、事務局代行、式典、サイン工事、内装工事、一般住宅の新築およびリフォーム
◼資本金 1,000万円
◼従業員数 53人
◼グループ会社 ㈱新宣、㈱シンセンリフォーム、㈱新潟企画、㈱井浦建設、シンセンベトナム、㈱シンセンメディカルコミュニケーションズ
◼ホームページ https://shinsen-hldgs.co.jp