株式会社 加賀田組 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 株式会社 加賀田組

新潟市の「都市再生緊急整備地域」の指定に期待

代表取締役社長
市村 稿

「脱炭素社会」への取り組みがクローズアップされています。

 建設業における環境対応は、資材選定や施工方法にとどまらず、これまでも多岐にわたる取り組みを進めてきました。当社でも、既に20年以上前から自社における環境方針といったものを定め、工事現場などを含む全ての事業活動でマネジメントシステムの展開を進めてきております。
 2013年に完成した当社本社屋は新潟市が施行する「CASBEE新潟」(建築物の環境性能を総合的に評価・格付する制度)で最高ランクの「S」評価認証を頂いておりますし、新しい街づくりでも、15年3月に竣工した「リンクタウン西野中野山」において、街全体でのネットワーク構築などによる省エネと快適環境を企図した新潟初のスマートタウンの創出を実現させています。
 また、近年では県内でも多様なクリーンエネルギー事業の計画が進められており、当社も一部こうした計画検討のお手伝いをさせていただいておりますが、今後は、事業コンソーシアムへの参画も視野に入れていきたいと考えています。

2021年度の戦略は。

 県外受注の拡大という基本方針は変えておりません。県内での受注は堅調に推移していますが、マーケットとしては頭打ちの状況にあり、やはり県外受注の確保・拡大に向けたエリア戦略・顧客戦略といったことに一層注力していかねばなりません。おかげさまで関東・中京・関西エリアでの大型物流施設建設の受注が続いており、こうした実績を販路拡大の足掛かりとしたいと思っています。
 一方県内では、新潟市が進める「都市再生緊急整備地域」の指定に大きく期待をしております。同指定予定地域の中心市街地には、当社の顧客や取引先が多数の不動産を所有しておりますので、さらなる有効活用の提案を進め、事業化につなげることで中心市街地活性化の一助となればと考えております。

ご自身の人生の転機は。

 生き方や考え方をガラッと変えることとなったのは、やはり社長職を拝命してからですね。引き継いだ時点で課題山積の状況でしたのに就任直後にリーマンショック、民主党政権という憂き目も見ました。幾度となくなえそうになっていましたが、お客さま方や株主の方々からの温かい????咤激励と協力会社の方々の大きな支援に支えられ何とかここまで来たというのが実感です。当時から共に捲土(けんど)重来を期して奮闘してくれた社員たちにも感謝しています。

Overview [概要]

本社外観
◼所在地 〒950-8586 新潟市中央区万代4丁目5番15号
TEL.025-247-5171 FAX.025-247-8862
◼創業 1895年5月
◼事業内容 土木事業・建築事業・舗道事業・開発事業
◼資本金 5億2,000万円
◼売上高 377億9,302万円
◼従業員数 424人
◼支店・営業所 新潟・東京・東北支店、上越・中越・下越・三条・村上・燕・千葉・埼玉営業所
◼ホームページ https://www.kagata.co.jp