株式会社 新潟テレビ21 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 株式会社 新潟テレビ21

新たなビジネスモデル構築で持続可能な体質づくりを

代表取締役社長
桒原 美樹

新型ウイルスの影響は。

 地元の情報をお伝えしたくても取材に行きづらい、事業やイベントなどは物理的にできない。厳しい1年間でしたね。厳しい状況の中でも企業体質を筋肉質にしようと全部署、全社員がよく頑張り、満足できる状況ではないものの赤字を回避することができました。
 昨年4月に営業局と事業開発局を統合し総合ビジネス局に改称、メンバーが若返りました。営業が初めてという20代30代の若手社員が意欲的にセールスを行い、取り引きのなかったスポンサーを獲得するなど新規開拓にもつながりました。苦境の中でも社員のモチベーションが上がった1年でもありました。

新たな取り組みについてお話しください。

 昨年秋にコミック、キャラクター、アプリ、ウェブなどを通し、全国のクリエイターと企業、自治体・消費者などをつなぐ関連会社「Clink(シーリンク)株式会社」を設立しました。滑り出しはまずまず。オリジナルVチューバー「がたひめ」が収益化できるよう育てていきます。
 この春には石川県、長野県の系列局と共に新会社を設立します。3県合わせて人口530万人のマーケット。東京・大阪支社を共同利用するだけでなくスポンサーを紹介し合う、コンテンツを共有するなど、知恵を寄せ合って課題解決を行います。
 昨年実施した「新潟ふるさとCM大賞」は大変な盛り上がりでした。それぞれが表現した地元愛が見事で意外性もありました。本年度も開催を予定しています。恒例となった「にいがた未来フォーラム」では、ゲストのリモート講演や学生さんの参加など新しい試みも行いました。
 プライベートでは私なりのマイクロツーリズムとして、在来線に乗って温泉を訪れる一人旅を楽しみました。新潟のあちこちに自慢できる資源がたくさんあることを再発見。ローカル局ができることはまだまだあるという思いを強くしました。

ご自身の人生の転機は?

 1996年、前に勤めていた会社の研修で半年間、米ニューヨークで暮らしました。初めての一人暮らしは楽しく刺激的でした。帰国後は企業変革のスタッフとしてブランディングに関わり、ステークホルダーとの絆づくりが貴重な経験になりました。
 2013年に新潟に来たことも大きな転機です。プロパー社員にはない発想を持つ私の経験を役立ててほしいし、みんなの良いところを伸ばして持続可能な会社にしたいですね。

Overview [概要]

◼所在地 〒951-8521 新潟市中央区下大川前通六ノ町2230-19
TEL.025-223-0021 FAX.025-225-5821
◼設立 1983年3月8日
◼開局 1983年10月1日
◼事業内容 テレビ放送、および各種事業の企画・実施
◼資本金 10億円
◼売上高 51億2,000万円(2020年3月期)
◼従業員数 83人
◼支社・支局 東京・大阪・長岡支社、上越支局
◼ホームページ http://www.uxtv.jp/