株式会社 新潟ビルサービス - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 株式会社 新潟ビルサービス

医療従事者が本業に集中できる環境づくりを

代表取締役社長
鈴木 謙太

社長就任から1年が経ちました。

 就任早々緊急事態宣言があり、これまで前例のない判断と決断の連続でした。県内の感染症指定医療機関は6カ所ありますが、うち四つは当社が清掃・メンテナンスに入っています。ですから「新潟県で医療崩壊を起こさせない」という強い思いで取り組んできました。従来から結核など二類感染症病室の清掃・メンテナンスを行っておりましたが、これまで少数精鋭で業務を行っていたため、増員の手配や教育訓練は大変でした。全国では複数の病院でクラスターが発生しましたが、空調、清掃などメンテナンスから起きることもあるので細心の注意を払ってきました。防護服の脱ぎ方一つで広げてしまいかねません。

そうした経験で得られたことは。

 平時に培ってきたこと、これまでやってきたことに間違いはなかったと感じています。それから当社は新潟県の端から端までお客さまがいますが、県外には出ていません。今回のような事態では、県外のお客さまでは万全の対応ができなかった可能性もあります。新型ウイルス禍で県内に留まることにプラスの意義が生まれました。

今年の展望は。

 新潟を深掘りしようと考えています。お客さまはビルという「点」です。一つのビルをネズミや昆虫のいない環境に整えても、隣のビルにいれば必ず入ってきます。ですから点ではなく「面」で快適な環境づくりを図っていければと思います。
 病院では、医療従事者が医療に集中できる環境を整え、医療を支えることに徹し、従来病院職員が行っていた作業の一部も担いました。この体制を病院だけでなくあらゆる場に広げる。お客さまが本業に集中できる環境をつくる。新潟の企業がさらに活躍し、ひいては新潟が元気になっていくための屋台骨を支える。そんな企業にしていきたいです。

ご自身の人生の転機は。

 大学1年の年に阪神・淡路大震災が起こり、ボランティアで神戸に入りました。私がリーダーを務めていた時、被災者の方に「どうしても家から取ってきたいものがある」と強く訴えられ、危険があるかもしれないと思いながらも根負けしてボランティア2人を付けて送り出しました。帰ってきた2人から、その家が倒壊し危うく生き埋めになるところだったと聞いて青ざめました。私の決断が3人の命を奪っていたかもしれないと思い、以来、どんな決断も常に慎重に行わなければと肝に銘じています。

Overview [概要]

新型ウイルス患者さまの使用病室で清掃作業を行う当社社員
◼所在地 〒951-8068 新潟市中央区上大川前通9番町1268番地2
TEL.025-228-3477㈹ FAX.025-228-1729
◼創業 1956年8月1日
◼事業内容 清掃業務、環境衛生管理業務、建物営繕工事業務、建物サービス業務、設備運転管理業務、警備・防災業務、施設運営管理業務
◼資本金 5,000万円
◼売上高 45億8,856万円(2020年9月期)
◼従業員数 1,652人
◼営業所 中越支店、上越営業所、六日町営業所、県央営業所、村上営業所
◼ホームページ https://niigata-bs.co.jp/