株式会社 本間組 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 株式会社 本間組

強い国土を造る使命を胸に、この街の未来を創造

代表取締役社長
本間 達郎

昨年はさまざまなことが起こりました。

 一時は世の中の動きが止まるほどの大変な事態となりました。ベストとは言えませんが、当社の事業そのものは粛々と進めております。新型ウイルス感染拡大で止まった現場がないことは幸いでした。
 一方で、年末から年明けにかけて予想外の降雪もありましたし、今年2月の震度6強の福島県沖地震により常磐道で土砂災害がありました。大雪、土砂災害に際しては要請に応えて人と重機を送り込んで復旧作業に従事し、周辺地域の方のお役に立つことができました。
 10年前の東日本大震災を受けて建設された海岸部の防潮堤は、見る人によっては景観を阻害するものかもしれません。しかし万が一の災害が起きたときはその威力を発揮します。防潮堤、高速道路など公共性の高いものを強靭(きょうじん)化し強い国土を造ることは、国の使命であり私たちの使命。常に「想定外」を念頭に、周到な準備を進めていきたいと思います。
 昨今は地元の小学校で出前授業を行っています。「建設会社で仕事をしたい」と言ってくれた子どもたちがいたと聞いています。ダイナミックな仕事の魅力を今後も伝えていきます。

洋上風力発電事業に参画されていますね。

 村上・胎内市沖で計画が進む洋上風力発電事業は、大成建設(株)、コスモエコパワー(株)とともに、慎重に進めています。最大40万キロワットの電気を沖合でつくる事業で、風力発電としては全国的に見ても期待の大きなエリアであるとされています。安定した風を受けて発電できる洋上風力発電は、再生可能エネルギーの柱となる時代に入ってきました。脱炭素、温室効果ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルへの関心が高まる中、当社も次世代産業の柱と捉え注力していきます。
 事業の効率化を図り拡大していくためには、最新の技術が欠かせません。土の中や水の中の見えないものを可視化する技術など、当社に求められるものは多い。ニーズにお応えできるよう、全社を挙げて挑戦します。

ご自身の人生の転機は。

 大学を卒業後、大手建設会社に就職し、現場3年、内勤2年の5年間、修業をさせていただきました。弊社とは比べものにならない程の大企業でしたが、その5年間の経験が現在に至るまで、基礎的な考え方はもとより、経営判断の支えとして大きな財産となっています。

Overview [概要]

◼所在地 〒951-8650 新潟市中央区西湊町通三ノ町3300番地3
TEL.025-229-2511㈹ FAX.025-222-0657
◼創業 1934年10月1日
◼事業内容 総合建設業
◼資本金 10億円
◼売上高 504億円(2019年度実績)
◼従業員数 558人(2021年4月1日現在)
◼支店・営業所 東北・東京・名古屋・関西・中国・四国・九州・佐渡支店、県内8、県外7営業所
◼ホームページ https://www.honmagumi.co.jp/