株式会社 福田組 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 株式会社 福田組

「誠実さ」を大切に縁を生かし着実に前へ

代表取締役社長
荒明 正紀

昨年は新型ウイルス禍が国内外を揺るがしました。

 当社では社員の努力により現場が止まることはありませんでした。前期は増収増益となりましたが、今期の受注がどう動くかは不透明です。リスクを考え、現段階では減収減益の予想としました。
 昨年は飲食や観光などでウイルス禍の直接の影響が出ました。その他においても様子見のムードが強かったようです。それが、ここへ来てワクチン接種が始まるなど明るさが見え始め、新しい動きも出始めたようです。建設業界では「これからは建築や土木に注力したい」と本業深耕を期する声もあります。ここはこれまでも当社が、ぶれずにこだわって取り組んできたところです。悲観ばかりしていても始まりません。

2019年スタートの中期経営計画の最終年を迎えました。

 「マルチステークホルダーの満足度ナンバーワンの企業へ」をスローガンに「環境や社会に企業としての責任を果たしステークホルダーから最高の評価を得て進化し続ける企業」を目指し取り組んでいます。
 経営基盤強化に向けた基本方針として「既存事業におけるポートフォリオ変革」「グループ企業の新たな収益基盤の絞り込み」など5項目を設定しました。しかし、新型ウイルスにより状況が変わり、シナリオ変更を余儀なくされました。
 今回の中期経営計画は「100年の歴史の伝承と次の100年に向けた挑戦」をスローガンに、16年に策定した「長期ビジョン2025」の第2段階に当たります。達成できたこと、できなかったことを洗い出し次の段階に進みたいと思います。まずは「当社と関わりのある幅広い方々から満足していただける企業を目指す」という目標を、今後しっかり達成し足元を固めていきます。
 計画の途中経過もさることながら、大切なのは人が変わっても保ち続けていかなければならない「100年先のあるべき姿」だと考えています。

首都圏における再開発などが活発です。

 今後は大都市圏から拡散していくのではないでしょうか。集中一方ということはないと見ています。当社は新潟の企業ですが、県外で仕事を重ねる中で、お客さまとのお付き合いは全国に広がりました。そうした縁を大切に、意欲をもって前へ進もうというお客さまに寄り添いながら創業以来百十余年変わらない「誠実であること」の精神の下、地道に展開していきたいと思います。

Overview [概要]

本社外観
◼所在地 〒951-8668 新潟市中央区一番堀通町3-10
TEL.025-266-9111(大代表) FAX.025-266-5591
◼創業 1902年1月
◼事業内容 総合建設業、不動産事業、開発事業 他
◼資本金 51億5,800万円
◼売上高 1,169億8,500万円
(連結1,857億6,400万円 2020年12月決算)
◼従業員数 913人(2020年12月現在)
◼本支店 東京本社/本店・新潟本店・中越支店・東北支店・名古屋支店・
大阪支店・九州支店・北海道支店
◼ホームページ https://www.fkd.co.jp/