株式会社 BSNアイネット - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 株式会社 BSNアイネット

お客さまとの「ビジネス共創モデル」に注力

代表取締役社長
南雲 俊介

昨年、社長に就任されました。

 就任を機に多くの人とお会いしてお話を伺い、地域や企業の抱える課題に気付きました。また、新型ウイルス禍により、デジタル技術で事業を変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の推進にさらなる加速がかかった1年でした。
 イノベーションを推進し、変革を進めるため、昨年11月にJR新潟駅南口のレンタルオフィススペース「NINNO(ニーノ)」の一角にアンテナオフィス「Creative Lab(クリエイティブラボ)」を開設。ニーノに集結した県内外の先進IT企業の知恵と知見で、一緒に地域課題を解決していきたいですね。

スマートフォンを通じて診察を受けられるアプリ「i‒CLIN(アイクリン)」を開発されましたね。

 「i‒CLIN」はオンライン遠隔診療をサポートするアプリです。ヘルスケア分野は医療だけでなく福祉や介護も含め、さまざまな課題が内在しています。情報通信技術(ICT)をツールとして、少しでも早く課題解決の方向に導きたい、そのために当社は「ヘルスケアICT立県」実現プロジェクトを立ち上げました。行政や医療機関、企業、住民が一体となり、地域医療の課題に向かってICT活用を推進していきます。
 教育分野では小・中学校の児童・生徒に1人1台の端末が導入された「GIGAスクール構想」により、バーチャルとリアルを組み合わせた教育が進みます。ITスキルの部分でお手伝いさせていただきたいです。

今後の展望をお話しください。

 一昨年からハイブリッド型クラウドサービス「iNet Cloud Gateway(アイネット クラウド ゲートウェイ)」を展開しています。各種クラウドサービスにおいて、当社がワンストップでお客さまのご要望に応じる画期的なサービスです。これからは加速するデジタル化のスピードに耐えうるサービスの提供が必須。従来のサービスをさらにアップデートして新しい価値を創造し、ビジネスにしていきたい。お客さま、パートナー企業と共につくるビジネス共創モデルにも力を入れたいです。

ご自身の人生の転機は。

 15年来趣味で音楽演奏活動をしているのですが、活動に参加し始めた時、メンバーの半数が既に経営者。多様な価値観を持つ先輩たちと遠慮なく話し合えたことが今の私の糧になっています。経営視点でも多くのアドバイスをもらってきました。この出会いが私のターニングポイントと言えますね。

Overview [概要]

JR新潟駅南口直結 NINNO内アンテナオフィス「Creative Lab」
◼所在地 〒950-0916 新潟市中央区米山2丁目5番地1
TEL.025-243-0211㈹ FAX.025-241-2444
◼創立 1966年4月1日
◼事業内容 システムインテグレーション(官公庁・地方自治体分野、医療分野、保健福祉分野、民間分野)、アウトソーシングサービス(受託情報処理サービス・IDCサービス)、ソフトウェア開発、システム販売、コンサルテーション
◼資本金 2億円
◼売上高 143億円(2020年3月期)
◼従業員数 464人(2020年4月1日現在)
◼支社 長岡支社、上越支社、東京支社、東北営業所、長野事業所、Creative Lab
◼ホームページ https://www.bsnnet.co.jp/