株式会社 NSG | ホールディングス - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 株式会社 NSG ホールディングス

若い世代に学びとチャレンジの機会を提供したい

代表取締役
池田 祥護

代表就任から1年が経ちました。

 折しも新型ウイルスで大変な時期となり、リーダーになってからは決断の繰り返しです。「人々の幸福と豊かさを実現する」という創業の精神を大切に、より良い社会の発展のために全力を尽くしていきます。
 今年は45周年の節目の年に当たります。持続性のある企業を目指す上で、急激に何かを変えるのではなく、恒常的に新陳代謝を促していきたい。そのためには、若い世代に学びとチャレンジの機会を提供し、次世代のリーダーを育成していかなければいけません。またグループ106法人が3年後、5年後、10年後のイメージを持っているかどうか。新潟の起爆剤となれるよう、ボトムアップ型の組織体系をしっかりつくりたいですね。
 こうした思いに至ったのは、新潟青年会議所や、会頭を務めた日本青年会議所での経験があるからです。青年会議所では、事業での利益を浄財とし、地域をより良くしていこうという考えに出合えました。目先のことだけではなく、地域への恩返しのために、成長を続けていきます。

昨年は二つの教育機関が誕生しました。

 三条市に三条看護・医療・歯科衛生専門学校を、新潟市に開志専門職大学を開学しました。どちらも素晴らしい先生方を迎え、意欲ある学生が集まっています。開志専門職大学は事業創造学部と情報学部の2学部でスタートしましたが、今年4月にはアニメ・マンガ学部を開設しました。われわれは国が「クールジャパン戦略」に取り組む前からアニメ・マンガを世界に誇る大切な文化と考え、日本アニメ・マンガ専門学校から数多くの人材を輩出してきました。この度のアニメ・マンガ学部でも、世界に向けてチャレンジする人材を育成したいと考えています。
 あらゆる分野でオンライン化され、地方にデメリットはありません。地方都市でも良い教育機関があれば、学生は集まります。新潟に志を持った人が集まる複数の教育機関をつくり人を呼ぶ。他の地域からも刺激をもらう。古町のど真ん中から全国に向けて、地域活性化のロールモデルとして発信していきたいですね。

ご自身の人生の転機は。

 2003年にアルビレックス新潟がJ1昇格を決めた試合を観戦し、スタジアムの歓喜を体験したことですね。地域から必要とされるチームがここにあると思いました。それがグループを引き継ぐ決断につながっていると思います。

Overview [概要]

開志専門職大学(紫竹山キャンパス)
◼所在地
    新潟本部 〒951-8063 新潟市中央区古町通2-495
    東京本部 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
◼創立 1976年
◼事業内容 大学院大学、大学、専門学校、高等学校、学習塾、各種スクール、健康スポーツ事業、建設・不動産事業、検定・出版事業、医療福祉事業、商社、広告代理業、ホテル業、食・農事業、ICT事業、アウトソーシング・起業支援事業、エンタテイメント事業
◼従業員数 12,629人(パート・アルバイト含む)
◼ホームページ https://www.nsg.gr.jp/