社会福祉法人 勇樹会 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 社会福祉法人 勇樹会

保育園、高齢者施設、専門学校運営で地域に光を

理事長
中野 勇

新潟市の下町(しもまち)エリアに新しい施設を建設中ですね。

 私たち勇樹会は「自立支援介護」を主軸に、特別養護老人ホーム、通所介護(デイサービスセンター)、短期入所生活介護(ショートステイ)、居宅介護支援事業所を新潟市内の各地区に展開しています。
 今秋オープン予定の「特別養護老人ホーム柳都の杜(もり)」もまた、愛情と科学的根拠に基づく「自立支援介護」で、入居者の毎日を豊かにする空間を提供したいと考えています。高齢化が進む新潟市中央区しもまちエリアの中でも、日和山小学校すぐそばの好立地を得、現在建設が進んでいるところです。完成後は入居される方がいつまでも元気な状態で楽しく生活ができるよう「自立支援介護」を提供するとともに、地域の皆さまと交流できる場(地域交流スペース)を設け、日頃から関わりを持てるような環境をつくります。
 一方、勇樹会は2019年に勇樹会リサイクル研究所を立ち上げました。運営する高齢者施設や保育園から出た使用済み紙おむつを資源に、専用ボイラーでのリサイクルを行っており、CO2削減にも積極的に取り組んでいきます。

保育事業はいかがですか。

 「子どもが主人公」「変化に対応する保育園」をモットーに、新潟市、仙台市、佐渡市で保育園、児童福祉事業を展開しています。昨年からの新型ウイルス禍においても、安心してお子さまをお預けいただけるよう感染予防対策を徹底して運営しております。
 この4月には佐渡島内民間初の放課後児童クラブ「秘密基地おおぞら吉井」がオープンしました。旧金井吉井小学校の校舎を活用し、民間ならではの充実した教育支援を行います。また佐渡保育専門学校では、本年度からこれまでの「保育科」を「こども未来学科」に変更しました。子どもたちに笑顔と明るい未来を創造する保育士の育成にもより一層力を入れます。少子高齢化はどの市町村も抱える問題ですが、佐渡は特に深刻です。佐渡がもっと魅力的になるための一助として、総合的な保育事業を展開していきます。

挫折を乗り越えたエピソードは。

 挫折したことはありません。壁があったからと歩みを止めたら挫折しかありません。私は前に進むだけ。そもそも曲がったことが大嫌いで「群れない・ブレない・妥協しない」人生を送ってきました。仕事が趣味ですし、これからも挫折はしないでしょうね。

Overview [概要]

特別養護老人ホーム「柳都の杜」特養100床・ショートステイ10床
2021(令和3)年秋オープン予定!
◼所在地 〒950-0843 新潟市東区粟山706-1
◼創業 1977年6月
◼事業内容 保育園、特別養護老人ホーム、通所介護(予防)施設(デイサービス)、短期入所生活介護(ショートステイ)、居宅介護支援、保育専門学校
◼運営施設 保育園19園、こども園1園、特別養護老人ホーム1施設、デイサービスセンター6施設、ショートステイ3施設、居宅介護支援事業所3事業所、佐渡保育専門学校、勇樹会リサイクル研究所
◼ホームページ https://yuukikai.com/