福田道路 株式会社 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > 福田道路 株式会社

「誠意ある先駆者」として未来を指し示したい

代表取締役社長
海野 正美

昨年設立50周年を迎えました。

 節目の年を前に「感謝の思いをいかに伝えるか、大切にすべきものは何か」などを話し合うワークショップを開催。若手からベテラン、部門長まで、幅広く社員が意見を交換。その後の記念事業実行委員会の立ち上げにつなげていきました。
 まず50周年スローガン「誠意ある先駆者であれ」を策定。そのコンセプトやパーパス(目的)を「Direction for Relation(ディレクションフォーリレーション)」という新たなタグラインに表現しました。「人や空間や地球との心地よい関係づくりに貢献し、一歩先を行く視点で誠実に未来を指し示す」という企業姿勢が込められており、新ロゴマークにも、その思いがあしらわれています。
 50周年を機にユニホームも一新、従前タイプの未使用品4,100点を新潟市障がい福祉課を通じ、障がい者支援事業所に寄贈いたしました。

中経営計画の最終年に入りました。

 大きな課題の一つ「働き方革新」では、現場を含む全事業所で週休二日がおおむね達成、最終目標に掲げる「4週8閉所」も目下進行中です。並行して挑む「生産性向上」では、ICT技術の広範な利用と人工知能(AI)の活用などデジタルトランスフォーメーション(DX)時代に備えた展開を図っています。
 「健康経営」では、人間ドックの補助対象者(45歳以上)の拡大や就業時間内禁煙の導入など、「健康経営優良法人2021」の認定に恥じない取り組みを続けていきます。

中期経営計画にはSDGs(持続可能な開発目標)のビジョン達成への貢献もあります。

 SDGsに則した方針ではなく、当社の掲げる経営方針がSDGsの理念に合致しているとの理解であり、方針の成果がSDGsのビジョン達成に通じているとの社員の「気づき」が「やりがい」につながっていくと考えています。「誠意ある先駆者」として「持続可能な未来」を指し示す企業でありたいと思います。

目指すのは「長く愛される継続型企業」です。

 当社は「誠実さ」を大切に歩んできました。「当社らしさ」は変わることなく、加えて新しい時代を大胆に切り開く勇気も鼓舞していきます。技術は「ものづくり」にとっては生命線。建設から維持に移るインフラの整備において、専門集団として、新たな技術をもって社会に貢献し「地域に必要とされる企業」を目指します。

Overview [概要]

2021年4月入社の新入社員です。現在研修で頑張っています
◼所在地 〒951-8503 新潟市中央区川岸町一丁目53番地1
TEL.025-231-1211 FAX.025-231-1212
◼設立 1970年11月
◼事業内容 舗装事業、総合建設業、不動産業、開発事業 他
◼資本金 20億円
◼売上高 304億円(2020年12月期)
◼従業員数 714人(2020年12月現在)
◼本支店 新潟本店・東京本店・村上支店・新潟支店・中越支店
上越支店・中部支店・関西支店・東北支店・北海道支店
中国支店・九州支店
◼ホームページ https://www.fukudaroad.co.jp/