ALSOK | 新潟綜合警備保障 株式会社 - 新潟日報LEADERS倶楽部2021
ホーム > ALSOK 新潟綜合警備保障 株式会社

スポンサーシップカメラで安心安全な街を創造

代表取締役社長
廣田 幹人

健康経営に取り組んでいるそうですね。

 取り組み自体は2013年頃から始め、健康ウオーキング企画などで社員の心と身体の健康を大切にする経営を行ってきました。昨年の夏は3人1組で147チームがそれぞれのテーマ(ウオーキング、ランニング、ダイエット、禁煙など)に100日間チャレンジする健康増進企画を実施。これが評価され、新潟市からは健康経営認定事業所ゴールドクラスに認定、また県の「にいがた健康経営推進企業」特別賞「グッド!スポーツカンパニー賞」を受賞しました。
 また、この7月、かねてからの夢だった企業主導型の「いるか保育園」を本社敷地内に開園します。0歳から2歳までの子どもたちに、スポーツマインドや運動の楽しさを伝えていきます。この保育園のプログラムをいずれ共有化できればと考えています。

今年度、注力することは?

 昨年は新型ウイルスで人が動かず、営業面では厳しい1年でした。人の働き方、動き方が変わり、子どもたちの日常も変わっています。当社は業務で移動する傍ら子どもの様子に目を配る「ながら見守り活動」を行い、本社のある新潟市東区と西区などに防犯カメラを1台ずつ寄贈させていただきました。最新の技術とノウハウを持っている当社の社会貢献の一環としての活動です。
 仮に県内の企業さまが社会貢献、地域貢献として「スポンサーシップカメラ」をスクールゾーンに1台ずつ設置すれば、子どもが巻き込まれる痛ましい事件は減るでしょう。地域に根を張る企業さまが地域の子どもたちをわが子と思う気持ちで、防犯カメラの寄贈を考えていただければありがたいです。地域の方が、地域を守り、その大きな単位の地方と地方が束になって国をお支えするのが、真の「地方創生」と人生の恩人から教えを受けました。この地域ならではの取り組みが素晴らしい新潟モデルになることを願っています。

ご自身の人生の転機は。

 09年のトキめき新潟国体です。当社はセキュリティの幹事会社として県内50社と協力し、延べ2,300人の警備員と一緒に仕事をしました。普段はライバル同士の会社が同じ方向を向き、みんなが一体となりました。終了後、県のご担当者さまから「クレームが1件もない、奇跡の国体でした」とお伺いし、いい仕事をすれば見えない力が後押ししてくれるのだという強い思いを抱きました。

Overview [概要]

いるか保育園イメージ図(7月開園予定)
◼所在地 〒950-8633 新潟市東区小金町1丁目17番20号
TEL.025-274-1965㈹ FAX.025-271-3445
◼設立 1969年8月8日
◼事業内容 警備業務、ホームセキュリティ業務、現金護送業務、防災業務、防犯・防災機器の販売
◼売上高 約70億円
◼従業員数 約800人
◼支社・営業所 新潟・長岡・上越・県央・村上・魚沼・新発田・柏崎・阿賀野・佐渡・十日町・糸魚川
◼ホームページ https://www.ngtalsok.co.jp/